性病検査キットを比較!安心おすすめ検査キットはこちら

性病に感染したかも知れない・・・。

悩む

そんな時に役立つのが性病検査キットです。
性病検査キットは、自宅で簡単に誰にも知られずに性病検査ができるキットです。

もし、あなたが、性器に痒み(かゆみ)、痛み、泌尿時の痛み、膿が出る、ブツブツができた、等こういった症状があるならば性病の疑いがあります。
それらは、クラミジア淋病梅毒エイズなど性病の感染の疑いがあるので検査することが最優先事項です。
しかし、性病検査に関して下記のような悩みや不安はありませんか?

  • 性病に感染したかも知れないことを絶対に誰にも知られたくない。
  • できれば泌尿器科や産婦人科などの病院で検査したくない。行きたくない。
  • 忙しくて病院やクリニックに行く暇がない。
  • 結婚前にブライダルチェックとして自分で検査したい。
  • 性交渉しているけど自分の体は本当に大丈夫なのか知りたい。
  • 保険証を使うと履歴が残るから病院で検査したくない。

このような様々な事情で病院で検査できないひとにおすすめするのが性病検査キットです。

chek-n3 性病検査キットとは
性病検査キットとは、自分で尿や血液などの検体を採取して郵送。
その後、認可を受けた登録衛生検査所にて検査します。
検査結果を郵送やインターネット、メール、電話などで知ることができます。

郵送して最短2日以内に感染結果が分かるので早いことが特徴。
匿名で郵送の箱もプライバシーを守ってくるので誰にも知られることはありません。
また、許可を受けた登録衛生検査所で検査するから、信頼性や精度は確かなもの。
※登録衛生検査所とは、病院や保健所などの検査も行う検査所。

ただし、市販されているキットや、海外製の検査キットは正確性や信頼性に欠けるものもあります。
当サイトで紹介する性病検査キットは、すべて許可を受けた登録衛生検査所で検査されるもだけだからご安心ください。

その信頼性ある性病検査キットの中でも、特に値段が安い、早く結果が分かる、検査項目が多い、この3点に絞ったおすすめ性病検査キットを比較してご紹介します。

性病検査キット徹底比較

ranking-1 ふじメディカル

huzi性病検査キットの中で最も人気の高い「ふじメディカル」。
ふじメディカルは、横浜市登録の衛生検査所だから精度が高く信頼性があるので安心できます。

検査項目が多いキットが豊富で、キットの値段が最も安いことが特徴。HIV・梅毒・淋菌・クラミジア・カンジダ・B型肝炎抗原など9項目で12,000円と低価格。もちろん1項目から検査可能。

注文してから配送は最短で2日、検査まで2日と、早く結果が分かることも人気の秘密。お支払い方法も、代金引換、銀行振込、クレジットカードから選べます。

信頼性、料金、検査の早さ、すべてにおいて一番おすすめできる性病検査キットです。

>> 詳しくはこちらをクリニック!

【検査項目】HIV,梅毒,淋菌,クラミジア,トリコモナス,カンジダ, B型肝炎抗原,B型肝炎抗体,C型肝炎,咽頭クラミジア,咽頭淋菌, ピロリ抗原,ヘモグロビンなど

 


ranking-2 宅配ドクター

takuhaidrいま人気急上昇で話題の宅配ドクター
カンジダや喉のクラミジアなど女性用の検査キット、男性用の検査キットを分かれているので購入しやすいことが特徴。

また、郵送される商品名の記載無しや、配送センター止めなどプライバシーに配慮した梱包や配送も嬉しい。

宅配ドクターは、国の認可を受けた「登録衛生検査所」で検査しているので信頼性が高く精度も抜群。

注文から届くまで最短で翌日、検査結果がでるまで最短で3日と早い。
8000円以上で送料無料、代引き手数料無料など性病検査キットをお得に購入できます。

>> 詳しくはこちらをクリニック!

【検査項目】HIV,梅毒,淋菌,クラミジア,トリコモナス,カンジダ, B型肝炎,C型肝炎,咽頭クラミジア,咽頭淋菌,子宮頸がん,HPVなど

 


ranking-3 STDチェッカー

stSTD研究所の販売する性病検査STDチェッカー
国の認可を受けた「登録衛生検査所」で検査する安心の性病検査キット。

1項目から12項目まで24種類の豊富な検査キットから選べることが特徴。クラミジア、淋菌、HIV(エイズ)、梅毒、B型肝炎、のどクラミジアなどあらゆる性病の検査ができます。

匿名検査や、インターネットでの結果確認などプライバシー重視で実施できます。コールセンターがあり相談や質問ができたり、検査の不備があった際の再検索無料などアフターフォロー面も充実

平日15時までのご注文なら、日本全国翌日お届けが可能。
検査も3日なので早く検査結果が知れます。

>> 詳しくはこちらをクリニック!

【検査項目】HIV,梅毒,淋菌,クラミジア,トリコモナス,B型肝炎,C型肝炎,咽頭クラミジア,咽頭淋菌,一般細菌など

 

性病を予防するためにも検査は定期的に

kappuru
いま若者をはじめ年齢を問わず性病が蔓延しています。
淋病・クラミジア・ヘルペスを始めエイズや梅毒に感染する患者も年々増えている現状。
不特定多数との性交渉が原因とされており、非常に深刻な問題となっております。

性病の感染を防ぐためにも、早期発見・早期治療が望ましいです。
その為には、医療機関での検査や性病検査キットで早くご自身の体の状態を知ることが重要。
さらにパートナーとの感染を防ぐためにも一緒に検査することをおすすめします。

もし検査結果で性病の感染が判明すれば、速やかにお近くの医療機関で治療を開始しましょう。
主に泌尿器科、産婦人科、クリニック、病院の性病科などを受診します。
また治療は完治するまで行うことが大切です。

そして性病の感染や蔓延を予防するためにも、コンドームを使用することが重要。コンドームの利用でも予防できない性病もありますが、現時点での一番の予防策はコンドームを使用することとなります。

ご自身の体を守るため、パートナーを守るためにも、定期的に検査をして不特定多数の性交渉は止めましょう。

性病のリスクと性病検査について

性病は性行為を媒体にして感染が拡大する主要な病気を示す言葉。
近年、この性病の中で特に話題に上っている性病がエイズであります。

エイズは人体の免疫機能を低下させ、ありとあらゆる病気の耐性を奪い去る非常に恐ろしい性病と知られています。このエイズであるが、実は近年、世界各地で拡大の傾向にあります。

その理由としては、自身がエイズにかかっているかを知らないままに性行為を行い、パートナーへ感染させてしまうという事例が増えています。

また、エイズだけではなく性病には他にも多くの種類が存在するので、定期的に性病の検査を行う事が重要になります。性病検査は自身のためのみならず、あなたと行為を行う相手の人体にも関わる重要な検査なので、必ず受けましょう。

性病検査はどこで受けられるのだろうか? また、どのようにして受けるのだろうか?

性病の検査は病院でも受ける事が可能ですが、特に保健所での検査がオススメです。
何故なら病院での検査に比べて出費を抑えることもできるからです。しかし、本格的な調査を行いたいのならば、やはり病院による検査を行うべきでしょう。

また、自分で行う性病検査キットもあります。

この性病検査キットを使って人体の一部を採取して所定の機関へ送ることで検査をすることができるという便利なもの。この検査は郵送で結果が送られてきて、普段、病院や保健所へ行くことが出来ない人にもオススメの検査方法として人気が高いのです。

いずれの検査方法にしろ、性行為を行う可能性が有る無しに関わらず、必ず性病検査を受けるべきです。

では、性行為による感染を防ぐためにどうすればいいのか?

それは、性行為による感染を防ぐ一番の方法はコンドーム。
コンドームを装着して性行為を行えば、その感染リスクは格段に低下されます。

しかしながら、感染率は常に残るので安心し切ってはいけません。
100%性病に感染しない方法などは、行為を一切しない以外ありません。

とにかく性病の疑いがある相手との性行為は避け、自衛を行う心構えを忘れてはいけない。
究極的な性病対策は、性行為を一切行わない事ですが、誘惑の多い現代ではこの方法は非常に難しいですが。

誘惑の多い現代だからこそ、性病の知識を持ち、正しく対策を行う事が重要なのです。

性器クラミジア感染症の症状と薬

kuramizia
25歳の時に性器クラミジア感染症になったことがあります。
パートナーとの性交渉により感染しました。
相手の男性はかなりモテる方だったようで、私以外にも複数の女性と同時に交際していたようです。

そのため男性が別の女性からクラミジアに感染し、そして私にも感染しました。
症状としては、特に痛みはなかったのですが、おりものがかなり増えたことで異常に気づきました。

そこで、勇気を持って婦人科へ行くことにしました。
その病院は産科も一緒に行っているため、妊婦の方と同じ待合いに座っていることが恥ずかしかったのを覚えています。

診察で医師に症状を伝えると、採血と膣内の分泌物を採取され検査されました。
検査の結果、性器クラミジア感染症であることが判明しました。

正直、自分が性病になるとは思ってもいなかったので、かなりショックでした。
その後クラビットという薬を処方され、1日1回の服用を1週間続けることになりました。

医師からは、症状が治っても必ず処方された分は全部飲むように言われました。
途中で服用を止めることで、また再発することがあるのだそうです。

医師から言われた通り、しっかりと1週間分を服用し治すことができました。
こういった性病の場合、パートナーも同時に治療することが大切となります。

もちろん私もすぐにパートナーにも治療するよう勧めました。
ですが症状が全くないことから、病院へ行く気配がありませんでした。
その態度を見て、別れる決意をしました。

クラミジアは、初期症状が全く現れないことが多いのだそうです。
そのため、気づかない間に感染が広まりやすく、性病の中で感染者数が一番多いとされています。

初期症状がないとはいえ、放置することで重大な病気を引き起こす可能性があります。
特に女性の場合、卵管炎を起こし、不妊症や子宮外妊娠の原因にもなったりします。

それゆえ、少しでも何か異常を感じたら、すぐに検査しなるべく早く治療することが大切となります。しかし実際のところ、病院へはなかなか行きづらいものです。

そんな時には、検査キットを利用する方法があります。
最近知ったのですが、病院に行かなくても検査できる方法があるのだそうです。
参考記事:性病検査キットを比較!安心おすすめ検査キットはこちら

この検査キットは、ネットで簡単に申し込むことができ、自宅で自分で検査物を採取し郵送するだけなので、他の人に知られることなく性病検査をすることができます。

万が一その検査で陽性反応が出た場合には、ネットの通販サイトで薬を購入することも可能なので安心です。

性病は放置することが一番危険です。何か少しでも不安や異常を感じたら、なるべく早く検査し治療をすることが大切です。

尖圭コンジローマに感染した女性の体験談

nomu
28歳のとき、彼氏と別れた直後であまりの寂しさもあって、毎日のように飲み歩いていた私。

そんなとき、行きつけの飲み屋で初めて知り合った男性といい雰囲気になり、寂しすぎて誰かに抱かれたかった私は、酔いに任せてその男性とその日のうちにHをしてしまったのです。

Hといっても、男性は挿入するも射精に至らず、私もまた果てることなく終わったという、なんだか二人してただただ虚しく不完全燃焼なだけ。

結局、自分の寂しさは代替行為では癒えないし、むやみに男性と関係を持っても意味がないと気づき、その男性にはそれ以上の気持ちもなく、その後男性とは二度と会うことはありませんでした。

それからひと月くらいたったころ、陰部付近全体がチクチクと痛い感触があり、特にジーパンを履くとよけい痛くなるし、トイレで拭くときも痛くてたまりません。

いったい何だろう?と自分で鏡を手に陰部付近をみてみると、みたこともないイボ状のものが陰部付近から膣の中まで広範囲にでていたのです。

あわてて市内にある性病科へ駆け込み、診察を受けると「尖圭コンジローマ」という性病との診断。
思いあたるのはひと月前のセックスのみ。

彼氏がいるときでさえセーフセックスには気を配っていた私が、その時に限って酔っぱらっていてコンドームなしで行為に及んでいた記憶がよみがえり、「たった一回のセックスでこんなことになるなんて!」と大きなショックと後悔に打ちのめされました。

先生の話では、尖圭コンジローマには良性と悪性があって、私の場合は良性だったことと思ったより広範囲に広がっていなかったことから、先生が「このくらいならすぐ取れる」と言いながら、目視でわかる範囲をその日のうちに凍結療法で切除治療してくださいました。

麻酔はしなかったので治療中は多少チクッとしましたが、激痛などはありません。
そのあとは処方された軟膏クリームを毎日トイレの毎に塗るようにと指示をうけ、診察終了。

その後も経過観察で数回受診し、イボを取り除いた箇所の痕は三か月くらいで消えましたが、再発する可能性もあるので残りの軟膏クリームをなくなるまで塗っておくように先生に言われ、ひたすら塗ったおかげで半年後には再発もなく完治しました。

これでホッとしたのですが、こんな思いは二度としたくないし、もう行きずりの関係は二度とやめて、独身のうちはコンドーム必須!と肝に銘じたのでした。

その後は性病に注意するようになったのですが、数ヶ月経ってからアソコ、つまりデリケートゾーンが臭うようになりました。「もしかしてまた性病になったの?」と疑いました。コンドームを使っているのにどうして?と思いました。

嫌々ですが、再び病院に検査に行きましたが、特に問題はありませんでした。
とても安心しましたが、なぜデリケートゾーンからにおいがするのか先生に聞いた所、汗やおりもので下着が蒸れてニオイが出るようです。
個人差はあるようですが、ニオイがきつい人はかなり悪臭がするようです。
先生からは、できるだけ清潔にするように注意をうけました。

性病でもないのにデリケートゾーンがにおう人は結構いるようです。
私はそれかデリケートゾーンにおい対策サイトなどを参考にして、アソコを清潔に保つようにしています。今ではニオイをかなり抑えることができていて、性病にももちろん感染していません。

やはりデリケートな問題は、日常生活から気をつけなけらばならない、そう考えさせる体験でした。

関連記事:性病検査キットを比較!安心おすすめ検査キットはこちら

クラミジアと淋病に感染した体験

私の性病の体験談です。
私がかかった性病は、クラミジア+淋病の二つです。二つとももらっていました。
なので、この二つについて書かせてもらいます。

きっかけですが、性病に感染するまで、私は浮気をしたことはありませんでした。
風俗ももちろんいったことはありませんでした。性行為をしていたのは彼女だけでした。

付き合った女性は彼女だけだったので、残念ながら感染源は彼女ということになります。
特定の人としかしていなくても、感染してしまうのが性病の恐ろしいところです。

私は男性ですので、淋病の自覚症状が出てきて、すぐに気づきました。
ただ、当初はまさか自分が性病にかかるなんて思わず(彼女としかしたことないんだから当たり前ですよね)、尿道から膿がでてくるので、バイキンがはいったかな?と本気で思い消毒液などをつけました。

もちろん効果があるはずもなく、オシッコをすると痛みが走るようになり、その痛みが激痛とまでなりました。また、平常時にもその膿がでてきて、パンツが汚れました。

会社の先輩に話しをすると、真剣な顔つきで私が浮気をしていないかなどと聞き、彼女としかしたことがないというと、それはおそらく淋病。風邪とか違って空気感染はせず、性行為で移るのて、おそらく彼女が浮気したからだと思うといわれました。

一応、お風呂場などで移る可能性も0ではないが、ほぼもらうことはないし、もらったとしても、抵抗力が弱っているお年寄りとかがもらうぐらいといわれました。

泌尿器科にいってきちんと薬を処方してもらうこと、きちんと薬を飲みきって完治させること、彼女が病原菌なのだから、彼女にも産婦人科にいってきちんと直してもらうこと、お互い完治するまで性交渉はしないこと。

こういったアドバイスをもらいました。彼女にその話をするのはとても悩みました。
女性は男性と違い痛みがないので気づくのに遅れる。このまま何も言わずに別れれば、彼女は淋病と気づかずそのまま悪化させ体に大変な悪影響を及ぼすし、まさに私の復讐も遂げられます。が、私にはその選択はできませんでした。

結局お互いきちんと直し、彼女とも再構築しました。
まあ彼女の浮気でそれから2年後に別れることになりましたが。

私はこのような先輩からアドバイスをもらい、事なきを得ました。
性病など他人事と思ってる人が大半でしょうが、もしものとき参考にしていただければと思い書かせていただきました。何かのお役にたててもらえればと思います。

私がクラミジアと診断されるまで

当時の私は専門学校を卒業してからまともに彼氏ができたことがなく、社会人になってからは男の人と遊んでは付き合うところまで行かず、体の関係があるだけというだらしないことをしていました。

22歳の夏に友人に連れて行ってもらったバーの店員さんと仲良くなり、よく彼から連絡が来るようになりました。私は彼氏もいませんでしたし、好きな人もいなかったので断る理由もなくバーによく飲みに行っていました。

会っているうちに私の中ですこしずつ彼に対しての信用ができていきました。
その日、彼から「バーを閉めるからおいでよ。店で一緒に飲もう」と、いわれ二人で飲むことに。

ついお店の雰囲気に盛り上がってしまい、そのままラブホテルにいくことになりました。
そのときの性行為のときにコンドームをつけずにしてしまい、それがのちにクラミジアと診断されることに繋がりました。

彼とは翌朝笑顔で別れました。ただ付き合おうの言葉がなかったので、私のなかで彼に対しての思いも冷めてしまい、そのまま疎遠になりました。正直色んな女の子と遊んでいそうな予感もしていたので、好きになるのが怖かったのかもしれません。

約一ヶ月は特になにもなくすごしましたが、その後友人と街中で飲んでいるときに、生理痛のような痛みが腹部に感じました。

最初は少し痛いくらいだったのですが、夜中家に帰ってから、急に痛くて痛くてずっとベッドに横になっていました。

トイレに行くと出血していたので生理痛だったのかと思いましたが、その時私は生理が終わってまだ一週間しかたっていませんでした。生理なわけがないと分かっていましたが、原因がわからずとにかく横になって早く治ることだけ考えていました。

それから三日間仕事もいけず、ろくに睡眠もとれないくらい痛みが続きました。出血も信じられないくらいしていて、本当に怖かったです。ショーツが血でいっぱいになっていました。

結果、婦人科の性病検査でクラミジアと診断されました。
バーで働いていた彼がクラミジアだったのです。診断結果にはクラミジアと書かれておらず、説明だけされました。

紙に書くこともできない恥ずかしい性病なのだと思い、泣きたくなりました。病院の先生には、「性行為のときは必ずゴムをつけるように」「クラミジアは甘く見ていたら怖い病気」「ひどくなると妊娠しずらくなる人もいるんだよ」と怒られました。

全て私の責任でしたので、先生の言葉を重く受け止め、その後は同じことが起きないように考えを改めました。もう二度とクラミジアにはなりたくありません。