性器クラミジア感染症の症状と薬

kuramizia
25歳の時に性器クラミジア感染症になったことがあります。
パートナーとの性交渉により感染しました。
相手の男性はかなりモテる方だったようで、私以外にも複数の女性と同時に交際していたようです。

そのため男性が別の女性からクラミジアに感染し、そして私にも感染しました。
症状としては、特に痛みはなかったのですが、おりものがかなり増えたことで異常に気づきました。

そこで、勇気を持って婦人科へ行くことにしました。
その病院は産科も一緒に行っているため、妊婦の方と同じ待合いに座っていることが恥ずかしかったのを覚えています。

診察で医師に症状を伝えると、採血と膣内の分泌物を採取され検査されました。
検査の結果、性器クラミジア感染症であることが判明しました。

正直、自分が性病になるとは思ってもいなかったので、かなりショックでした。
その後クラビットという薬を処方され、1日1回の服用を1週間続けることになりました。

医師からは、症状が治っても必ず処方された分は全部飲むように言われました。
途中で服用を止めることで、また再発することがあるのだそうです。

医師から言われた通り、しっかりと1週間分を服用し治すことができました。
こういった性病の場合、パートナーも同時に治療することが大切となります。

もちろん私もすぐにパートナーにも治療するよう勧めました。
ですが症状が全くないことから、病院へ行く気配がありませんでした。
その態度を見て、別れる決意をしました。

クラミジアは、初期症状が全く現れないことが多いのだそうです。
そのため、気づかない間に感染が広まりやすく、性病の中で感染者数が一番多いとされています。

初期症状がないとはいえ、放置することで重大な病気を引き起こす可能性があります。
特に女性の場合、卵管炎を起こし、不妊症や子宮外妊娠の原因にもなったりします。

それゆえ、少しでも何か異常を感じたら、すぐに検査しなるべく早く治療することが大切となります。しかし実際のところ、病院へはなかなか行きづらいものです。

そんな時には、検査キットを利用する方法があります。
最近知ったのですが、病院に行かなくても検査できる方法があるのだそうです。
参考記事:性病検査キットを比較!安心おすすめ検査キットはこちら

この検査キットは、ネットで簡単に申し込むことができ、自宅で自分で検査物を採取し郵送するだけなので、他の人に知られることなく性病検査をすることができます。

万が一その検査で陽性反応が出た場合には、ネットの通販サイトで薬を購入することも可能なので安心です。

性病は放置することが一番危険です。何か少しでも不安や異常を感じたら、なるべく早く検査し治療をすることが大切です。

クラミジアと淋病に感染した体験

私の性病の体験談です。
私がかかった性病は、クラミジア+淋病の二つです。二つとももらっていました。
なので、この二つについて書かせてもらいます。

きっかけですが、性病に感染するまで、私は浮気をしたことはありませんでした。
風俗ももちろんいったことはありませんでした。性行為をしていたのは彼女だけでした。

付き合った女性は彼女だけだったので、残念ながら感染源は彼女ということになります。
特定の人としかしていなくても、感染してしまうのが性病の恐ろしいところです。

私は男性ですので、淋病の自覚症状が出てきて、すぐに気づきました。
ただ、当初はまさか自分が性病にかかるなんて思わず(彼女としかしたことないんだから当たり前ですよね)、尿道から膿がでてくるので、バイキンがはいったかな?と本気で思い消毒液などをつけました。

もちろん効果があるはずもなく、オシッコをすると痛みが走るようになり、その痛みが激痛とまでなりました。また、平常時にもその膿がでてきて、パンツが汚れました。

会社の先輩に話しをすると、真剣な顔つきで私が浮気をしていないかなどと聞き、彼女としかしたことがないというと、それはおそらく淋病。風邪とか違って空気感染はせず、性行為で移るのて、おそらく彼女が浮気したからだと思うといわれました。

一応、お風呂場などで移る可能性も0ではないが、ほぼもらうことはないし、もらったとしても、抵抗力が弱っているお年寄りとかがもらうぐらいといわれました。

泌尿器科にいってきちんと薬を処方してもらうこと、きちんと薬を飲みきって完治させること、彼女が病原菌なのだから、彼女にも産婦人科にいってきちんと直してもらうこと、お互い完治するまで性交渉はしないこと。

こういったアドバイスをもらいました。彼女にその話をするのはとても悩みました。
女性は男性と違い痛みがないので気づくのに遅れる。このまま何も言わずに別れれば、彼女は淋病と気づかずそのまま悪化させ体に大変な悪影響を及ぼすし、まさに私の復讐も遂げられます。が、私にはその選択はできませんでした。

結局お互いきちんと直し、彼女とも再構築しました。
まあ彼女の浮気でそれから2年後に別れることになりましたが。

私はこのような先輩からアドバイスをもらい、事なきを得ました。
性病など他人事と思ってる人が大半でしょうが、もしものとき参考にしていただければと思い書かせていただきました。何かのお役にたててもらえればと思います。

私がクラミジアと診断されるまで

当時の私は専門学校を卒業してからまともに彼氏ができたことがなく、社会人になってからは男の人と遊んでは付き合うところまで行かず、体の関係があるだけというだらしないことをしていました。

22歳の夏に友人に連れて行ってもらったバーの店員さんと仲良くなり、よく彼から連絡が来るようになりました。私は彼氏もいませんでしたし、好きな人もいなかったので断る理由もなくバーによく飲みに行っていました。

会っているうちに私の中ですこしずつ彼に対しての信用ができていきました。
その日、彼から「バーを閉めるからおいでよ。店で一緒に飲もう」と、いわれ二人で飲むことに。

ついお店の雰囲気に盛り上がってしまい、そのままラブホテルにいくことになりました。
そのときの性行為のときにコンドームをつけずにしてしまい、それがのちにクラミジアと診断されることに繋がりました。

彼とは翌朝笑顔で別れました。ただ付き合おうの言葉がなかったので、私のなかで彼に対しての思いも冷めてしまい、そのまま疎遠になりました。正直色んな女の子と遊んでいそうな予感もしていたので、好きになるのが怖かったのかもしれません。

約一ヶ月は特になにもなくすごしましたが、その後友人と街中で飲んでいるときに、生理痛のような痛みが腹部に感じました。

最初は少し痛いくらいだったのですが、夜中家に帰ってから、急に痛くて痛くてずっとベッドに横になっていました。

トイレに行くと出血していたので生理痛だったのかと思いましたが、その時私は生理が終わってまだ一週間しかたっていませんでした。生理なわけがないと分かっていましたが、原因がわからずとにかく横になって早く治ることだけ考えていました。

それから三日間仕事もいけず、ろくに睡眠もとれないくらい痛みが続きました。出血も信じられないくらいしていて、本当に怖かったです。ショーツが血でいっぱいになっていました。

結果、婦人科の性病検査でクラミジアと診断されました。
バーで働いていた彼がクラミジアだったのです。診断結果にはクラミジアと書かれておらず、説明だけされました。

紙に書くこともできない恥ずかしい性病なのだと思い、泣きたくなりました。病院の先生には、「性行為のときは必ずゴムをつけるように」「クラミジアは甘く見ていたら怖い病気」「ひどくなると妊娠しずらくなる人もいるんだよ」と怒られました。

全て私の責任でしたので、先生の言葉を重く受け止め、その後は同じことが起きないように考えを改めました。もう二度とクラミジアにはなりたくありません。